【KSR-2】シリンダー清掃の巻

エンコン浸けエンコン吹いてビニールで密着するようにして、玄関前にこんな状態で一晩放置。玄関が臭いのなんの。どう見ても怪しい廃棄物だ。

そして今日の夕方にパークリで清掃した。ヘッドにニチャッとしたものが着いてたので、ドライバーでホジホジしてたら気持ち程度の傷がついてしまった。ああ〜最悪だ。。多分大丈夫だと思うけど、念のためパテみたいなの買ってこようと思う。あと案外値の張るトルクレンチも買うことにする。

何故こんなに慎重になっているかというと、そう、、、ビビっているのである。 パーツ類がなぜか1万弱もして金額的にミスができないし、店の人に色々教えてもらってたら段々不安になってきた。KDXの時はかなり適当にやったけど動いてたけど、今回はなんせ1万円弱である。1万円弱というか9,800円だった。油断してはならない。そもそもピストンリングの付け方とか忘れてしまった。慎重にならざるを得ないのだ。

新旧のピストン慎重にならざるを得ないので、今日のところは暗くなったし勘弁しておいてやるか、と写真撮影に精を出すことにした。 文鎮として第二の人生を歩みだしたピストン(右)と新しいピストン(左)。光り方が全然違う。文鎮はエンコン臭くて触ってられない。あとこういうたまにしか見れない箱はなんだか格好良く見える。カワサキの癖にっ…///

新旧のピストンいつも思うけど、いや、いつもってほどピストン見たことないけど、よくこんな小さくて軽い物で動力が発生するなあと感心する。関心って言っても「へぇ」と思うだけだけど。 いよいよ来週組み立てかな。緊張するなあ。


バイク ブログランキングへ

[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.