【KSR-2】キャブ組み込み-試走の巻

キャブを組み込む 朝からOHしたキャブを組み込んだ。3週間ほど突っ込んでいたキッチンペーパーは特に水分を含んだりせず無事だった。

組み込んでエンジンをかけてみたが、どうもアイドリング不良は直っていないみたい。。うう。

エンジンがかかっても大体10秒ほどすると止まる。 アイドリングスクリューを調整して高めに設定すると、最初かなり高回転だけど10秒ほどすると丁度良い回転数になった。んん?直っているのかこれは…?

ギボシついでにブレーキランプが着いたと思ったらテールランプが着かなかったり、エンジン切って再始動したら挙動が逆になっていた症状も改めて見てみた。 なんとなく接続部をイジイジしていると、どっちも着く事を確認できたので、ギボシを観察するとどうも中の導線が長くてギボシから飛び出していた。試しに動線が触らないように先っぽだけメス側と触れさしたらビンゴ!動線が飛び出ないようにギボシを作りなおしてみたら治った。こんなことで接触不良になるんだなあ。

綺麗アイドリング調整だけで、直ったかよくわからないから山の方へ試走してみることに。信号待ちの度に以上に高いアイドリング。30分ほど走って確実にエンジン温まっている状態で道路の脇に止めてみたら、そのままブルルルルルプスンと残念な感じでエンジン停止。因みに場所は雪が残る山の中。

やっぱり直ってない!

引き返すことにする。一応キックでエンジンは掛かるのが幸い。

帰り道やっとコンビニが見えてきた辺りで、スピードを緩めていくと急にエンスト!えぇ! ついでなのでコンビニ休憩。ココア買って飲みながらキックしてみたら掛からない。oh…。

15分ほど蹴るがかからない。 これは焦る!

普通に歩いたら家まで1時間半はかかる距離。押しがけしようと思ってiPhoneで調べたらカワサキ車は停車状態だとセカンドギアに入らないらしい。

不幸中の幸いでコンビニの前が異常な坂だったので、1速で押しがけしたらかかった!しかしむちゃくちゃ煽っていないと止まる。。

ということで、結構止まりながらもなんとか走らせたのですが、走りだして直ぐに停車後、ずーーーーっと平坦な道だったので諦めて押して帰った。しかも家につく15分ほどはずっと上り坂。

なかなか大変だった。結局2時間ほど押してたのかな。 アイドリング不良は一体何が原因なんだろうか。バイク屋に持って行ってもいいけど、一応考えられる部分は全部試してみることに。つかキックで掛からなくなって症状悪化してるし。つづく。


バイク ブログランキングへ

[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.