【KSR-2】気分転換にB6→B5へ外装交換の巻

入手した時点で紫フレームに緑のB6外装という、型がよくわからないけどエンジン調子イイみたいな変なKSR。

2年程前、当時乗っていたのはハンターカブ(CT110)。フラッとバイク屋に立ち寄ったらずっと欲しかったモトコンポとKSRが。いいな~なんて言ってたら「交換する?」っと店の人。 こいつは何を言っているんだ…と思いながらも、バイク屋って変な人多いよね。。。って自賠だけ払って手に入れたKSRとモトコンポ。さよならハンターカブ。

あまりレーシーな後期のKSR外装は好みではないな~っと思ってはや2年以上。ヤフオクで買い集めて中期のものに交換しました。送料とか込込で13,220円。

元の外装 これが元の外装。既にフレームと外装が合っていない(紫フレームは赤外装)。

ガソリン入れ替え中 とりあえずガソリン入れ替えです。 ポリタンクとか便利なものないのでずっとタンクもったまま待機。しかもこんな時に限ってガソリン満タン。とても悲しいです。。

で。

移し終わった〜って思ったら新しいタンクからガソリン漏れ。フンゴオオオオオオオ! どうやらコックとタンクの間から漏れている様子。おおおおおいいいいいいい〜!

ガソリン垂れ流しながら考えた。 ・新旧のコックを交換 → 漏れる。ファッ!? ・とりあえず液体ガスケット塗ってみる → 漏れる ・なんとかコック側から漏れないように傾けてたら、上の鍵ついてる方から漏れだす。だって満タンだもん。。

しばらく途方にくれて、とりあえずJOGにガソリンをおすそわけ。しかしJOGも満タン。ヒャッホーイ でも若干減った。

どうやらコックのとこのワッシャーの穴が広がっているので程度のいい方と交換。パッキンも怪しいのでとりあえずガスケット大盛りでなんとか乗り切りました。。はああ疲れた。。

ついでに固まったチョークも。 ついでにチョークが固まって動かなかったのも見ました。 キャブとひっついてて結構ひっぱたら抜けました。スプリングとかが錆びてたのでブラシで落として再利用。ワイヤーもワイヤーチュルチュルでOK。 ヤマハのワイヤーグリスを使いましたが、エンジンオイルでも良かったなって思いました。

で、できた〜 できた!けど暗い!暗いのはガソリン漏れ問題がめっちゃ時間かかったからです。 でもKSRはやっぱりこのグラフィックが好きだな~。バイク見てニヤニヤしたの久しぶり。

パーツ諸々 一応後日パッキン、スプリングなどもろもろ買っときました。 キャブ側のチョークのゴムの輪っかが切れてたのでそれだけ交換しときました。再利用できるものは使わないと。


バイク ブログランキングへ

[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.