【KSR-Ⅱ】多分タメになる。オフ車のカウル再生術の巻

ヤフオクで買い集めた外装。色んな出品者から買ったら送料が馬鹿にならなかった。 大きいシートとシートカウル、タンクは同じ出品者だったので助かったけど、結局シュラウド2枚、シート、タンク、シートカウルで送料とかコミコミで13,000円くらいかかった。。

綺麗なシュラウドと汚いシュラウド 1,000円けちって安いシュラウド(写真右)を買ったら、結局送料で綺麗なシュラウド(写真左)を出品している人から両方買っても料金は一緒になってしまった。くぅ~wwwww と、とりあえずこの古くて粉吹いたみたいになっているシュラウドを再生します。

紙やすりで磨きます 紙やすりで白い部分を磨きます。白くない(まだツルツルコーティングがある)ところはヤスリはあまり噛まないので大丈夫。 400番が写ってますが、結局200番で磨いたように思います。磨いてサラサラにします。仕上がりを考えると目は細かくしていった方が綺麗に仕上がりますが、オフ乗りなので私は200番だけでOK。

磨きました これが磨いたあとですね。

拡大 少し磨き残しがありますね。まあ私が乗るのでOKOK。

トーチで炙ります ほいで、これをトーチ(バーナー?)で炙ります。そう、まぐろを炙る感じで。そうすると炙ったところが、うっすら溶けてそれっぽくなります(あくまでそれっぽく)。 焦げないようにさっさっ!と軽くあぶりましょう。

まあまあ綺麗になりました。バイク屋でもやっているのでそれなりに有名なやり方かな? はい、できた〜。 どうでしょうか、結構で綺麗じゃないですか?オフ車メインのバイク屋でやってた手法なので、まあまあ信ぴょう性はあるやり方だと思います。 多分ここからクリアーでも吹いたらもっとそれっぽくなりそうです。やったことないですが。クリアーはあるので今度やってみようかな。

ということで次は外装交換です。。

オフ車のカウル再生術まとめ 1.粉吹いてるところを紙やすりで削る。 2.トーチで炙る 3.完成(多分クリアーを吹いたらもっといい感じ)


バイク ブログランキングへ

[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.